グリーンスムージー作りで、果物の皮をいれると、口に残るのですが

こんにちは。
いま、グリーンスムージー作りにはまっています!

ですが、作り方に疑問があるのです。
リンゴや梨などを混ぜる際、皮はそのまま入れたほうがいいのでしょうか?

栄養的には、入れたほうがいいのでしょうけど、皮が残ってしまって、
飲みづらくてしょうがありません。
もしかすると、バイタミックスではなくて、安物のミキサーを使っているのが原因かもしれませんが、やっぱりミキサーを買い直したほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
グリーンスムージーを始められているのですね。
それはよかったです。( ^∀^ )ニコニコ

さて、ご質問の「皮」についてですが、
まず、グリーンスムージーでは、リンゴや梨なんかは皮ごと入れるのが基本です。
なぜなら、皮は、それだけで食物繊維が豊富です。
この食物繊維が、整腸作用があるのです。

また、食物繊維以外でも、皮に近い実の部分には、ファイトケミカルという抗酸化作用のある栄養素が豊富です。
もし、皮をカットして捨ててしまっては、アンチエイジング効果のある栄養をみすみす捨てていることになります。
これはもったいないですね。

ですから、リンゴや梨、は皮ごと、ミキサーにかけてください。
人によっては、キウイも皮ごとミキサーにかけるひともいます。
驚きですが、でも海外では、キウイは当たり前のように、皮ごとかじって食べるんだそうですよ!

ミキサーについては下記にてご説明します。

ミキサーを買い直したほうがいい?

OKサイン
確かに、安いミキサーだと、粉砕力が弱いために、荒いグリーンスムージーができてしまいます。
グリーンスムージーというのは、胃腸に負担をかけない!を最大の目標にしていますので、本来ならば細かく粉砕した方がいいですし、バイタミックスのほうが理想です。

ただ、主婦目線で考えると、どうしてもバイタミックスは高額過ぎますね(^_^;)
だって8万円くらいしますからね。

ですから、私の意見では、無理にミキサーを買い替えなくてもいいと思います。
ただし、しっかりよく噛んで飲むという条件を付け加えてください。

たとえ、200ミリリットルのグリーンスムージーでも、5分以上時間をかけて、一口ほおばっては、よく噛んでから飲み込むという具合です。

よく噛めば、それだけ具材が粉砕されるので、消化には優しくなりますね。
それに、噛むことにより唾液が分泌され、それがさらに食材と混ざり合うことによって、消化を助けてくれるのです。
ですから、粉砕力が弱いミキサーをカバーしてくれるのです。

それによく噛むことは、脳の刺激にもなりますし、顎の筋肉をよく使うことによってアンチエイジング効果もあるんですよ!
ぜひ、このままグリーンスムージー生活を続けてみてはいかがでしょうか?( ^∀^ )ニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です